歯科用CTスキャンを導入致しました

通常のレントゲンと違い、CTスキャンは骨の状態を立体的に捉えることが
できるため、顎の骨や歯の状態をより細かく確認することができます。
特にインプラント治療や根管治療の際にCTスキャンの性能が大きく生かされ、
通常のレントゲンでは正確に確認できない神経の位置やインプラントの埋込
部位の骨の状態を正確に確認することが可能です。そのため、今まで以上に
精密な治療ができるようになっています。

PageTop